ブログトップ

ゆきさんのとろり日記

yannzai.exblog.jp

ラジオから第2弾

f0055358_18301770.jpg

先週、ラジオ番組で紹介した簡単おつまみが、あまりにも気に入ったので、家でもトライ。
「酒の肴」と銘打って、我が家流、簡単おつまみをリスナーから募集。あるわ、あるわ。簡単で美味しい肴ばかり。

  「タコのオリーブ油ニンニク和え」

生食用茹でタコを1cmの角切りにし、超みじん切りにしたニンニクとオリーブオイルで合える。
タコには、だいだい味がついいているので、調味料も必要ありません。
ポイントは、にんにくを「超みじん切り」すること。シンプルでどんなお酒にも合います。

ちなみに、ニンニクのにおい消しって何が有効なのかしら??
すぐ、牛乳を飲むことぐらいしか思い浮かばない・・・・。みなさんご存知??
なんだか、番組のようになってきた。
だって、私、本番中に「ニンニクの匂い消しはどうしたらいいの?」とのリスナーからの疑問に
「え、っと。私は早く寝たので、匂いが消えたかと思ってます・・・。」
と答えになっていない、意味不明なことを言ってしまったから。

そう、いつも私、おとぼけな答えばかり。正しい答え知っている方いたら教えてください。
[PR]
# by yannzai | 2006-02-06 18:29 | お仕事 | Comments(6)

ラジオJ

一足早く、ラジオで明日紹介するお菓子をご披露しちゃいます。
f0055358_2229289.jpg
 「アーモンドチュイール」

アーモンドと落花生の入った、焼き菓子。チュイールは、「瓦」という意味だとか。
焼き上がってすぐ熱いうちに、麺棒なんかを使って、カーブをつけると、立体的に。

f0055358_22322313.jpg








材料は、卵白と砂糖小麦粉、アーモンドに落花生のみ。シンプルな材料で作れます。焼くときに鉄板に薄くのせるのがコツ。薄ければ、薄いほど、パリっと焼きあがります♪

本来は、アーモンドのお菓子ですが、落花生が大量にあるので、同じナッツ類なので、
混ぜ合わせててつくってみました。
節分に豆まきしても、まだまだ家には沢山あるので、別の味にアレンジしてみました。
明日、ラジオ番組で紹介します。美味しく紹介できるかしらん。
[PR]
# by yannzai | 2006-02-05 22:28 | スイーツ | Comments(6)

お気に♪

 最近、好んでつくるパスタ。
f0055358_11285581.jpg

野沢菜と豚肉を、バター醤油であわせ、冷蔵庫にあるお野菜でトッピング。
お醤油と野沢菜は、相性がいい。野沢菜のたまり醤油漬けベースの味に、バターが程よくからまり、イタリアンと長野の融合?野沢菜のコリコリ感が何ともいえない。
食感をよくするために、野沢菜は、食べる直前にあえるのがミソ。

お漬物をアレンジした料理、他にもチャレンジしてみようっと。

ちなみに我が家のお漬物やお野菜は、おばあちゃんが野菜作り担当、母親が漬ける担当、私は食べる人。なんて、おいしいんでしょう・・・。でも樽につめるぐらいのお手伝いはしました。
だって「お漬物は、作る人が変わったり、手を出すと味が変わる。」
なんて言うほどですから。
[PR]
# by yannzai | 2006-02-04 11:27 | お料理 | Comments(6)

やしょうま

長野はとっても寒い、節分でした。手がかじかんで、青白い色をしていました。
「鬼は外、福は内」の豆まきに加えて欠かせないのが、このお料理。
f0055358_2138975.jpg
「やしょうま」という、郷土食。

私は長野の北信の生まれで、この地域ではよく食べられているもの。米の粉を潰して、練った、お餅のような食べ物。砂糖とお醤油をつけて、食べる素朴な料理。
仏様のお弟子さんに「やしょ」という人がいたとか、食べた後「やしょ、うまかったぞ。」と声を掛けたことから、この名前がついたとか、言われは色々あるようです。

子供のころは、母がお節句やお寺での行事があるとよくもらってきたものです。
とは言っても私が馴染みのものは、こんなに綺麗な花柄はありませんで、
ピンクとか白一色という、いたってシンプルなもの。
地域ごとに作り方が違っていて、これは、「小川村」で作られてきた「やしょうま」
ペンダントの様にきれいでしょう?

こんな美しいやしょうまも、絵柄を出すには何年も経験が必要だとか。
守り、伝えていく人達の手をみてみたい、そんなことを思いながら頂きました。
f0055358_2159314.jpg
取材で、一足早く「春」を感じました。桃の節句にいかが??
「ケーキ寿司」お寿司のケーキ。お料理の先生が作ってくれました。
黄色にサーモンで作ったバラが何とも言えない、賑やかなお料理。
彩が多いと作るのも楽しくなっちゃいます。
[PR]
# by yannzai | 2006-02-03 21:31 | プライベート | Comments(3)

見通しがいい


「栄養と料理」をパラパラめくっていると、「レンコン」が無性に食べたくなり、
今夜はレンコンがメインディッシュ♪
今が旬、ビタミンC、カリウム、ムチンを含み、独特な粘りは、ムチンによるもの。粘膜を保護して損傷をふせぐ効果があって風邪予防にもなるそう。
f0055358_21194790.jpg
レンコンのハサミ揚げからヒントを得て、ひき肉、葱、生姜、レンコンのみじん切りを練ってレンコンで挟み、軽く炒め、蒸し焼きにしました。
「見通しがいい」レンコンで、今日の素敵な出会いに、乾杯~~!!

f0055358_2120305.jpg


 
 素敵な出会いに恵まれました。
先日お茶会で、お会いした先生の娘さんが
雑誌「栄養と料理」の編集部にいらっしゃるとのこと。興味津々で、電話してみました。
料理に携わっている人にお電話するなんて、とても緊張しちゃいました。
嬉さと、幸せで、胸がドキドキしていました。

彼女は「地域の家庭の味、料理を守る」そんな企画を担当していて、全国津々浦々、おばあちゃんを訪ね歩いてその家に伝わる料理を紹介しているそう。家庭によって、料理の手順や作り方が違う、それが、その家の文化なのだから、それを見直そう、と企画を続けているそうです。興味深い話ばかりで、この出会いを大事にしたいと思った。

f0055358_21234881.jpg
これは、我が家の家庭の味。
長野県では、この時期お漬物といえば、野沢菜。このお漬物に、スライスして酢水にさらし、あく抜きをした長芋を混ぜました。
お漬物も、ちょっとアレンジするとまた違った楽しみ方ができますよね。
切って、混ぜるだけなので本当に簡単、ぜひ、お試しあれ♪

f0055358_21342345.jpg
たまには、こんなデザートも懐かしい。朝食のパンを、旦那さまが食べずに会社へ行ったので、無駄にしないようにと、揚げパンに。砂糖とシナモンをかけて頂きました。
[PR]
# by yannzai | 2006-02-01 21:00 | お料理 | Comments(3)

昼下がり

長野の北信地域は、太陽がまぶしい一日です。
フロントガラスに差し込む日差しに目を細めるのは、久しぶり。お天と様に感謝します。

今日は、お着物を着て「お茶会」に出席。
「初釜の会」といって、同じ流派の人が一同に集まり
今年一年の健康、お稽古の上達を願って開かれる、顔合わせ。
日ごろ、お稽古しているお仲間以外との交流がなにより勉強になります。

着物は、立ち居振る舞いも、自然とおしとやかになります。
気づけば、足元は常に内股。
f0055358_20391144.jpg
お茶を習い始めて、半年の私は、まだまだ初心者。
何十年と長く続けている方々が羨ましい。立ち居振る舞いが美しく、ゆとりがあって、年を重ねただけの余裕、やさしさが感じられる。
たまに着物を着たようなぎこちなさは全くない、品位がある。

「いつか、こんな大人になりたい。」

年を重ねるからこそ、身につくものばかりで、嫉妬しちゃいます。
美しい大人に囲まれて、幸せを感じる昼下がり。
[PR]
# by yannzai | 2006-01-29 15:45 | お仕事 | Comments(0)

はじめまして

f0055358_19174768.jpg
四季の食卓を大切に☆☆

フードコーディネーター、
NPO日本食育マイスター2級、
ジュニア野菜ソムリエ
調味料マイスター


2000年〜2011年 
福島県、長野県の放送局でアナウンサー勤務。

料理コーナーを担当、自らメニュー開発・提案。コンビニでのスイーツ開発なども手掛ける。

2012年~
NHKラジオ「DJクラシック」、CS「ビジネスブレイクスルー」J:comなかの広報、テレビ朝日リポーター。大学でのコミュニケーション講師、司会など。


子供の頃得意料理「ホットケーキ」♪♪ 今でいう「パンケーキ」。
友達が家へ遊びに来るといつも「パンケーキ」を作っていました。ふわふわに作ることと、友達の笑顔を見ることが嬉しくて☆遊ぶことそっちのけでした。


放送の現場で仕事をするようになり、不規則な生活から体調を崩しがちに、これはいかんと、食生活を見直そうと食の勉強にのめりこむ。
また、
仕事を通して料理の裏側や料理人の想いに触れることで「奥深さ」に引き込まれる。料理は家庭に笑顔を届けると信じて、食の大切さを訴える☆



☆好きな詩☆

サミュエル・ウルマン 「青春」 …  信念と理想を大切に、日々丁寧に過ごしたいな☆
[PR]
# by yannzai | 2006-01-29 00:21 | はじめまして | Comments(0)