ブログトップ

ゆきさんのとろり日記

yannzai.exblog.jp

<   2012年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

小布施、「松仙堂」の和菓子♪

f0055358_16254610.jpg


冬将軍再び到来。
いつも見ている景色が違って、違う場所のよう。
こんな日は、
ゆっくりのんびりに限ります。







f0055358_16271260.jpg



長野の小布施の銘菓「松仙堂」の「栗つくり」

一口羊羹の中に、ごろんと入った栗。シンプルながらも、食べごたえありな逸品。
[PR]
by yannzai | 2012-02-29 16:00 | プライベート | Comments(6)

チューリップ♪♪

f0055358_2272140.jpg
花のある生活していますか?

都内は、至る所に「お花屋さん」があります。私の家の近所には、思いつくだけで4軒も。
きっと、なかなかお庭を持てない環境では、切り花の需要が多いのだと思います。そして、そのお花屋さん、どこも工夫をしていて、プチブーケも色に種類に様々。見ているだけで嬉しくなっちゃいます。
「オランダから届いたヒヤシンス♪」「春の黄色い花は●●県産」
とか、生育もはっきりさせることで、色々と想像が膨らみます。

チューリップは、やっぱり定番、ピンクや黄色、新種と言われても、シンプルなものを手にしています。
あっ、
このお花はお紅茶の先生宅での一枚。

明日は東京マラソン。
様々な色の衣装の「華」がみられそうです。
[PR]
by yannzai | 2012-02-25 10:10 | プライベート | Comments(0)

小休止♪

f0055358_20222375.jpg
風邪が長引いていた訳でもなく、そこそこ元気にしておりました。
長野からお友達が来てお話ししているうちに…
なんだか
実家へ帰りたくなりました、笑。

新幹線でひょいっと行ける距離って、本当にありがたいっ。

軽井沢あたりから、雪景色。小説「雪国」じゃないけど、山を越えると景色が全く違ってわくわくしました♪

f0055358_20245570.jpg


実家には、お雛様が飾られていて、
誰もいない部屋ではしゃいじゃいました♪



でも
数時間後に来た甥っ子が
「ぼんぼりはどうしてないの?」
「提灯はどこ?」
「他のお雛様は?」←(三人官女や五人囃子のことのよう)
と、とっても気になっているようで、
母が「じゃあ、次、来るときには沢山飾っておくね」と、優しく説明していました。

甥っ子に「これ私のお雛様、僕ん家の鯉のぼりと交換する?」と提案したら、「うん!」と元気よく応えていました。男の子は「お雛様」に憧れ、女の子は「鯉のぼり」に憧れる…ないものねだりでしょうか、笑。
癒された故郷時間でした♪
[PR]
by yannzai | 2012-02-24 20:22 | プライベート | Comments(7)

葱のオーブン焼き♪~味噌クリーム~

f0055358_17233317.jpg

風邪っぴきですっ。

今シーズンは大丈夫、と高をくくっていたのがいけなかったか…お医者さんに「喉真っ赤ですね~」と。幸いにも溶連菌にも、インフルエンザにもかかっていなかったのですが。

喉にいいとされる食材はくつかありますが、「葱」は強い味方。ちょっとアレンジして、オーブンで焼いてみました。

「葱」をこんがり焼き色つけてから、蒸かしておいたじゃがいもと一緒に、味噌クリームソースで絡めてオーブンで焼くだけ。葱の甘みと香ばしさがとっても体を温めてくれます。

f0055358_17234829.jpg
チョコレート、男性陣はいくつ貰いました?
女性の皆様は、どれだけ試食されました?

デパートの特設コーナーには世界のチョコレートが並んでいて迷いました。そして試食も色々と…。

このパッケージおしゃれすぎますっ。

フランスの「アンリ・ルルー」!

フランスの北西部「ブルターニュ」出身のオーナーは、キャラエル職人で知られていますが、チョコレートも繊細でなめらかで虜になっちゃいました。

チョコレートのブランドには、色々なストーリーがあって面白い。
味だけじゃなく、そんなロマンも楽しめるって幸せ♪
[PR]
by yannzai | 2012-02-16 17:22 | お料理 | Comments(6)

レモンクリームソース レシピ♪

f0055358_10475464.jpg
Valentineday♪♪

美味しいチョコレートともに、お夕飯はさっぱりとしたメニューは如何?オーブンでこんがり焼いたささ身に「レモンクリーム」をかけて爽やかソースに。

レモンクリームは、「国産レモン」なら皮をスライスして、バターとともに軽く炒め、白ワイン、生クリームと塩コショウで味を調えていきます。生クリームが入るとどうしてもこってりしがちですが、レモンが入るため爽やかに♪

あっ、ソースの仕上げに「レモン果樹」を加えるのが瑞々しさのポイント。
鶏肉やお魚ソースとも相性ばっちり。


f0055358_10482285.jpg


「チョコマカロン」

マカロン好きでなないけど…
可愛くてついつい手がでてしまいます。マカロン好きは、外見だけでどこのは見分けがつくのかなぁ。

ここは、箱が可愛いいところの♪
[PR]
by yannzai | 2012-02-14 10:47 | お料理 | Comments(0)

99日♪

f0055358_18433157.jpg

墨田区「東京スカイツリー」開業まで100日を切りました♪♪



間近で見ると、本当にすごい迫力!!首が痛くなります。
東武線の「業平橋駅」から多くの人が降り立っていました。3月17日からは駅名が変わりますもんね…。
周辺の施設も開発されているので至る所で工事の音が響いていますが、町が変化していくってこういくことですね。



地元の方が沢山集っていた場所から一枚。
粋とモダンのツリーが、町をどう発展させていくのか、新たな観光スポットですね。
[PR]
by yannzai | 2012-02-13 18:43 | プライベート | Comments(2)

アウガルテン♪♪

f0055358_19363134.jpg

モナコ王室御用達の窯元

「マニファクチャードモナコ」


グレースケリーのお美しいこと。

去年の7月には、皇子のご成婚があり、それにちなんだ器の数々


煌びやかで、ため息がもれるものばかり。












f0055358_19383672.jpg


マリアテレジアが保護した窯元 
オーストリアの「アウガルテン」


「マリーアントワネット」の名がついたティーセット

私はこれに惹かれて、何度もいろんな角度から眺めていました。本当に、本当に素敵っ♪。



f0055358_19425728.jpg

ちゃんと、日本のお店も。

北海道の「北一硝子」がヴェネチアガラスとコラボレーションした茶器。イタリアには急須がないので、色々と職人さんに説明して出来上がったのが、この茶器。注ぎ口の太さに注目。職人さんの苦労が伺えます。

ため息の出る展示の数々。期間中2回も行きました。

「テーブルアートフェスティバル」 東京ドームで12日までです。
[PR]
by yannzai | 2012-02-11 10:30 | プライベート | Comments(0)

バターサンド

f0055358_1111612.jpg
「六花亭」のバターサンド、ファンが多い北海道の逸品、ご多分に漏れず私も好き♪

でも、
子供のころ祖母からのお土産ではその美味しさが分からなかった…

レーズンとクリームのしっかりした組み合わせがどうもこってり感じられて。
今、子供のころにタイムスリップしたら、存分に食べちゃうと思いますっ、笑。

大人の味覚になったということですね。

f0055358_112410.jpg


北海道繋がりで…


「ロイズのチョコレートドリンク」


温めた牛乳とあわせる、液状のものですが、それだけじゃなく、お菓子作りにも重宝するのです。
お友達からのお土産♪




f0055358_1163433.jpg
そして、これもお勧めの北海道の逸品


「小林牧場」のチーズたち。


丁寧に大切に作られているのを感じます。ブルーチーズは、フランス産のものと比べるととっても食べやすく親しみやすい味わい。クリーミィで後をひく味わいが何とも言えません。

乳製品の中でもチーズが大好きで、冷蔵庫にはいつも「カマンベールチーズ」を常備。小腹が空くとおやつ代わりに食べているのですが、ここのチーズたちは、もったいなくてちょっとずつ。

北海道は美味しいものが沢山♪これだけ囲まれると…行きたくなりますっ。
[PR]
by yannzai | 2012-02-10 11:00 | スイーツ | Comments(7)

バターロール♪

f0055358_1414345.jpg


作ってみました。

小ぶりで、いびつな所が手作りっぽいっ。
まだ、改良しなければ。でも手作りパンは、味が全く違って小麦がぎゅぎゅっと詰まっている感じが好き♪






f0055358_1424870.jpg
昨日のプティフール、
忘れないうちにレシピを。
昨日このケーキを渡したお友達とは、
冬ってお菓子作りたくなる、
という意見が一致。
だって、

「お部屋が温かくなるも~ん♪♪」 
そんな二人でした。





♪バナナプティフールレシピ♪

材料:バナナ1本、牛乳大匙1、バター70g、砂糖70g、卵2個、薄力粉110g、BP大匙2
アルミカップ小…12個分

(作り方)
準備として、
※オーブンは200度に温める。
※材料は常温にし、卵はよく溶いておく。薄力粉とBPは合わせてふるう

①バナナをボールに入れつぶし、牛乳とよくまぜる
②別のボールにバターを入れホイッパーでよく練り、砂糖を3回に分け加える
③よく溶いた卵を、②に少しずつ加えしっかり馴染ませる
④③に、粉類の3分の1を入れ、へらでまぜる
⑤さらに、①のバナナを入れ、残りの粉がさっくりするように混ぜ型へ入れる
⑥200度のオーブンで5分、170度で15分焼いて出来上がり
[PR]
by yannzai | 2012-02-09 14:01 | スイーツ | Comments(2)

オーブントースターでプティフール♪

f0055358_17203786.jpg

寒い毎日。皆様、お体大丈夫ですか?

どうしても家にこもりがちになりますが、そんなときはやっぱりお菓子作り♪

バナナケーキを焼いてみました。

一口サイズで食べても罪悪感のない程度のものを作りたくて…プティフールのような感じ。




f0055358_17332473.jpg

同じ生地でマフィンとして焼いたものの、どうやら温度の伝わり具合が違い、味わいが全く違うのです。


今夜はお友達と久しぶりの食事♪お土産に渡そうと思っているのですが、喜んでもらえるかしらん♪
[PR]
by yannzai | 2012-02-08 17:20 | スイーツ | Comments(2)