ブログトップ

ゆきさんのとろり日記

yannzai.exblog.jp

<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

生姜の力♪

f0055358_2043181.jpg

暖かい日差しに包まれたと思ったら、朝の冷え込みが戻ってきたり…
春はすぐにはやって来ないものですね。
こんな季節は、最近は「生姜」にお世話になりっぱなし。
風味が食欲を増進させるし、体がじわじわと温まる感覚が好き。会社の引き出しにも市販のチューブを常備して、紅茶にちょっと加えて飲んでいます。
「生姜つくね」
豚のひき肉と、中途半端に余った鶏肉を荒く刻み、ねぎ、生姜を入れてこねこね。こんがり焼き色をつけて、出来上がり。簡単で、大満足の一品に。



f0055358_20435012.jpg

「生姜のワンタンスープ」
中華風スープは、生姜をたっぷりと入れて、わんたんとネギとチャーシューを加えました。生姜って子どもの頃は苦手でしたが、今はすっかり手放せない存在。隠し味に、メインにと大活躍です♪
[PR]
by yannzai | 2009-02-24 20:42 | お料理 | Comments(2)

さ・く・ら?!

f0055358_19271630.jpg


暖かかった週末、散歩の途中で見つけました。一本だけ、満開の桜。そこだけ春爛漫で、とっても温かかった。卒業式のにおいがしました。
3月に咲く、早咲きの桜の一種、河津桜の木。
本当に早く春が来ないかなぁ…と、思っている受験生はどのくらいいるのだろう。


f0055358_1930637.jpg



早く、お弁当を持ってお花見にでも行きたい、と思ったら、卵焼きが食べたくなりました。
冷蔵庫にはんぺんが余っていたので、細かくして入れました。ふわふわの、出汁巻き卵に。
冷蔵庫にはんぺんが入っているところはやっぱり、冬の食卓なんですよね。
今週は寒の戻りで、底冷えします。本来の温かい季節が待ち遠しい…。
[PR]
by yannzai | 2009-02-17 19:26 | プライベート | Comments(3)

キッシュ♪

f0055358_037510.jpg
きのことほうれん草のキッシュです。キッチンはこんがり焼けて、香ばしいバターの香りが充満しています。

「キッシュ」は、思いで深いメニューなのです。初めてちゃんと覚えたお料理です。
数年前、長野へ戻ってきて半年たち、当時お世話になっていたおばさんたち家族を家に招くことになり、子どもが好きなメニューは何だろ?と、一生懸命考えて、作ったメニューでした。大好評で、それ以来、私の料理の原点になっています。
今回は、妹が食べたい、と言っていたので小さめのものを2つ作りました。明日のおやつにピッタリかな?
[PR]
by yannzai | 2009-02-13 00:36 | お料理 | Comments(2)

ぐすん…

f0055358_0382551.jpg
パリのエッフェル塔3階からの夜景、写真を見るたびに懐かしく、愛おしさがこみ上げてくる瞬間。
ぐすん…最近、お料理の写真が上手く撮れないのが悩み。アングルがいつも同じになるのも気に入らず、光を上手く調整できないのがいけないのだと思うのですが、UPしたいと思う写真にはならず…その代わり好きな場所の写真を撮っています。空とか、橋とか、夕暮れ時マジックアワーの時間帯とか。
最近、大嫌いだった橋が、好きになりました。夜景がとっても綺麗で、落ち着くのです。エッフェル塔には特別な美しさと高揚感があるけど、大きな安らぎを与えてくれる場所です。そのうち紹介しようと思います。
[PR]
by yannzai | 2009-02-12 00:38 | プライベート | Comments(0)

ほっこり、立春♪

f0055358_22145523.jpg
鬼は追い出しましたか?私がいま、追い出したい鬼は大人ぶることかなぁ。なんて言ったらちょっと素敵、でも、そう思うことがよくあります。だから、物心ついたころに聴いた音楽とか、好んで食べた物とかを改めて、大事にしています。今日、ユニコーンの昔聴いていたCDを購入してしまいました♪色んな思いが巡る、バンドだったので、ふふ。
お味噌汁が大好き。

つくづく日本人なんだなぁ、と思います。そして、長く海外には住めないのだろうなぁと思ってしまう(笑)この一杯は、鯖節からとったものでとても美味しかったけど、特別な一杯よりも、いつも通りの味がいいかな。
お味噌汁には、家の味が出ます、だから好き。でも、それで嫌いになる人もいるんだろうな。
我が家は、かつお節と昆布でとるお出汁。お味噌汁を飲む時より、お出汁をとっているときの方が幸せです、あの香りは幸せを届ける魔法です♪
[PR]
by yannzai | 2009-02-04 22:13 | プライベート | Comments(0)