ブログトップ

ゆきさんのとろり日記

yannzai.exblog.jp

カテゴリ:お料理( 480 )

ほうろく焼き☆

f0055358_11261437.jpg

ほうろく焼き☆
月曜日、お料理学校で作ったメニューのひとつ。昆布の上に、栗にサツマイモ、松茸、鯛をのせて、だしをかけながら焼いていきます。本来の美味しさがよくわかる日本らしいメニュー。
豊かな気持ちになりますっ。
[PR]
by yannzai | 2014-10-01 11:29 | お料理 | Comments(6)

☆ナスとポテトのクリームチーズグラタン☆

f0055358_17291311.jpg
「TERTERE」の新しいクリームチーズ☆パッケージが素敵。早速試作~。

「ナスとポテトの
 クリームチーズグラタン」

【材料】  
ナス…中2個 じゃがいも(レンジで加熱済のもの)…2個
f0055358_17294515.jpg
タルタル ガーリック&ハーブ…1個
チーズ…40g
牛乳…40㏄
ソーセージ…40g
バター、塩、コショウ…適宜




【作り方】
①ポテトは温かいうちに潰し、タルタル ガーリック&ハーブを分量の半分と牛乳を加え、塩、コショウする。
②なすは輪切りにし、あく抜きしたら、キッチンペーパーで水分をふきとり、ソーセージは拍子切りする。
③オーブン皿にバターを塗り、①を入れ、②を並べ、ナスの上にタルタル ガーリック&ハーブの残りをのせ、オーブンで15分焼き色がつくまで焼く。
f0055358_17294053.jpg

料理学校で頂き、それを使って考えたメニュー☆勿論、そのままでも美味しいのでパンやクラッカーにのせてもいいのですが、あっという間に終わります、笑。オーブンで焼いて、チーズのように「クリームチーズ」をつかいましたよ。
[PR]
by yannzai | 2014-09-28 17:29 | お料理 | Comments(2)

☆好きな場所☆

f0055358_2332818.jpg

久しぶりに再開☆
しばらくお休みしていたお料理学校へ行きました~。これでも…小心者で結構ドキドキしながらむかったのです、知らない方がいたらどうご挨拶しよう、とか、いつもの皆さんと普通にできるかな…とか色々思いながらいたのですが、何とはない時間でほっと、しました☆
やっぱり好きな空間、と改めて実感。大切にしようと、思ったのであります。
勿論、お勉強もね、笑!
[PR]
by yannzai | 2014-09-22 23:03 | お料理 | Comments(4)

☆ドライカレー☆

f0055358_1123524.jpg
「ドライカレー」
どんなレシピですか??水っぽくなければ、という感覚ですよね…??家庭によってかなり違う気がするメニュー…、笑。少しまえなのに、こうしてみると夏っぽい装い☆牛のひき肉、ナス、ピーマンは緑&赤、しし唐を使用、ピリリと唐さのきいた味に。旦那様の実家から届いた新鮮な野菜、瑞々しさがそのまま感じられて一味違うのです♪ヒーヒーっ、唐い~、と、汗をかきながら食べました、笑。
[PR]
by yannzai | 2014-09-19 11:01 | お料理 | Comments(4)

☆松茸ご飯☆

f0055358_8494614.jpg
連休はお天気に恵まれましたね☆長野へ帰省してきましたが、すっかり実りの秋☆ドライブしたり気持ちよかった~。
でっ、
直売所に行くと、
マツタケ発見。2、3日前から出始めた、とのことで、嬉しくて早速購入!!

f0055358_850692.jpg
「松茸ご飯」に。
薄口しょうゆ、酒、砂糖で味付けしご飯と炊き込むだけ。傘が開いていると市場では価値が下がるものの、香りが立つので旅館や料理屋では使いやすく使用されることが多いんだそうですよ、直売所の方が教えてくれました。

f0055358_8501810.jpg

そして、
お土産は「栗」。1・3キロもありますっ。まだ早生品種で大きなものが見つからなくて…母が直売所を覗いて持たせてくれました。さて、何に変身するでしょう☆
[PR]
by yannzai | 2014-09-16 09:00 | お料理 | Comments(4)

☆さつまいものグラタン☆

f0055358_2033169.jpg
すっかり秋めいてきました。

「グラタン日和☆」は、急に気温が下がって身体が冷えてきたな~と強く感じる時。今宵はまさに!ほくほくのおいもたっぷり「さつまいものグラタン」です。子どもの頃はさつまいもがホワイトソースと合うなんて思いもしなかったけど‥今はほっくりとした味とホワイトソースが一緒なのが美味しく感じます。彩は赤はパプリカ、緑はチャービルです。ホワイトソースには香草の中ではチャービルが合うと思いますっ!さぁて今年はグラタンが何回食卓にのぼるかしら、というくらい大好物。
[PR]
by yannzai | 2014-09-10 20:33 | お料理 | Comments(4)

鰹節のこと☆

f0055358_14593178.jpg鰹節って、こんなに種類があるんです☆ご存知ですか??


フランスでは、和食の関心の高まりにあわせて鰹節工場が創設されるようですね。
今日のNEWSで発表されていました。流通が発達しても、鰹節の輸入は難しいとのことで、なら作ろう、みたいな。日本の技術がこうして海外に向かうのは嬉しい♪ですね。


そして、私も、
いま「だし」についての勉強中で、さらに、意欲マンマン。鰹節は、うまみ成分のイノシン酸を含みます。私は、香りと味が大好きー。
f0055358_14594780.jpgで、その味わいも、グルタミン酸、グアニル酸といった他のうまみ成分と合わせるとさらに美味しくなるんです。うまみの「相乗効果」と呼んでます。



 鰹節がフレンチのフォンとして、融合されるのかしら?どんな世界が広がるんでしょうっ
わくわくっ。
[PR]
by yannzai | 2014-07-18 14:58 | お料理 | Comments(4)

☆神田 ルードメールにて☆

f0055358_17131562.jpg ちょっと前、いや、もっと前ですが‥、
素敵な町の洋食屋さんに行きました。正確には、連れて行ってもらいましたっ、笑。
 料理学校の先生や友人と総勢5人でのディナー☆
メンチカツ、クリームコロッケ、エビフライはとにかく大きい。一人分っ。贅沢に様々なメニューが並び、みんなでお腹を抱えて笑いすぎるくらい、楽しい一夜。

 
f0055358_17132433.jpg  神田の「ルードメール」:カレーやふわふわオムレツが有名で勿論、美味しかった。こちらのUPは、鶏肉の粒マスタードソース、爽やかで家でも真似したくなる味わい。食べきれないくらい用意されていて本当にありがたく頂きました。
 こういう時っ、いつもは絶対お腹に入らない量も食べてしまう心理は何でしょう?わいわい楽しいから?お腹も心も満たされて、親睦の輪は深まったのであります、笑。夏本番、食べて乗り切らないと!今夜は揚げ物かなぁ☆
[PR]
by yannzai | 2014-07-15 17:12 | お料理 | Comments(2)

☆「うずみ」を食す☆郷土食

f0055358_11193335.jpg
早いもので、サッカーW杯ももう終わりですね…あっという間の1か月少し。寂しい…。
ドイツ強かった~。勝負の世界は厳しいけど、世界の試合がこうして見れるのはすごくすがすがしい気持ちになりますね☆
少し涼しい写真を~と思い、枝豆の創作レシピ。無類のえだ豆好きで、あればそのまま食べてしまうことばかりですが、ちょっと変化を付けてゼリーと一緒に。

f0055358_1120465.jpg

いりこの産地への旅日記☆☆
広島県、
福山城内で、郷土料理を味わう会にも参加。勉強会のメンバーを、地元、郷土料理普及会のみなさまが色々とおもてなしをしてくださいました。貴重な経験をありがたかったです。

f0055358_11212220.jpg

福山市でブランド化を進めている 「うずみ」!!
具を、うずめる ← 質素倹約が叫ばれた時代、具をご飯で隠し、質素な料理に見せたところから「うずみ」と名付けられ、ご飯をくずしていくと……中から、里芋、にんじん、ごぼう、鯛、えびが出てきますっ!
だしは、鯛や地元でとれる魚などでとるのが条件。上品な高級茶づけ、と表現されていた方もいました。ところ変われば、色んなお料理が育まれるんですね。
私の故郷長野にも
「野沢菜」「おやき」「にらせんべい」「こねつけ」、沢山ありますもんね☆
[PR]
by yannzai | 2014-07-14 11:16 | お料理 | Comments(2)

☆いりこの産地、伊吹島へ☆

f0055358_9554293.jpg皆さま、ごきげんよう~☆☆
旅行気分のようですが、お勉強のため香川県「伊吹島」に行って参りました。
一泊二日の慌ただしいツアーでしたが「いりこ」、カタクチイワシがどうやって煮干しになるのか学べましたよ。詳しくは、またのちほどです。

f0055358_9555445.jpg伊吹島とは全く関係ない、野菜のはなし、ここ最近の私の行動☆珍しく?活動的っ。
信州の伝統野菜が並ぶととても美しい。ヤングコーンはひげまで食べられるんです。黒い色をした大根はとっても辛くて大人の味、モロッコいんげんは穂高町のもので何か名前がついていたっけ。

f0055358_9562183.jpgそしてこちらは、スイカ☆
すごーい、ホテルのシェフがなんと一時間かけて作ったそうです。野菜に模様を彫り込む、野菜カービングはタイの職人さんがやると10分とかっ、なんとか。それにしても、ホテルの料理人の腕に圧倒されたのであります。芸術品、食べられないですよね‥。



[PR]
by yannzai | 2014-07-01 09:55 | お料理 | Comments(4)