ブログトップ

ゆきさんのとろり日記

yannzai.exblog.jp

たぬきです

f0055358_21261814.jpg

御茶のお稽古で、こんな主菓子がでてきました。黄身餡の「たぬき」です。
そう、こんな動物の姿のお菓子が出てくると、どこから味わおうか人それぞれ違いますよね。
私は、真っ正面から、正々堂々と向います。鼻からがぶりと食べる。
耳からちょぼちょぼ食べるなんて、かえって申し訳ない気分になってしまうから・・。
f0055358_21341712.jpg
もちろんたい焼きも、頭からです。

今日の御茶のお稽古は「旅箪笥」を使い「しばだて」の所作を学びました。箪笥に茶器を入れ、外に持ち出してお茶を頂く時の所作ですが、そんな季節はまだ先。お稽古部屋は暖房がきき、炉に釜が掛けられています。湯がグツグツ煮える音がまた、心落ちつき、清々しい気分にさせてくれます。


桜を愛でながら外で、お茶を一服。そんな季節が待ち遠しい。
そんな余裕があるのかが、疑問ですが・・。
豊臣秀吉が戦のさなかでも茶道具を持ち歩いたというのに、
現代はどうしてこんなに余裕がないのかしらん。
[PR]
by yannzai | 2006-02-27 21:25 | プライベート | Comments(8)
Commented by hiromin0819 at 2006-02-28 03:08
お茶されてるんですねえ。いいなあ。
hiroは和菓子全般苦手なんで、習いたいけれど
二の足踏んでるんです・・・。
Commented by hanacafe at 2006-02-28 08:46
お茶いいですね。私も、興味がありながらきっかけがなくて、今日まで来ています。嫁いだ先が、おばあさまがお茶の先生をされていた家で、ちゃんとたたみが切ってあるんです。女性はみんなお茶をされていたようで・・・そろそろ手を出さなければと思っています。さいそくされているのかどうかは、わかりませんが、先日、置物を沢山いただいて、きっと和に触れる機会を沢山作りなさいということなのだろうなあ・・・と。ユキさんのお茶の記事でまた興味がわいてきましたよ。美しいですよね。着物が似合う女性になりたいわあ~♪
Commented by mickey at 2006-02-28 13:29 x
お茶いいなぁ。私も習いたいなぁと思いつつ、なかなかきっかけがなくて。
松本城のお月見会などでいただくくらいしか触れることがありません。
hanacafeさんのように環境が整っているのはうらやましいですね♪
Commented by akk-pp at 2006-02-28 14:01
たぬき、可愛い♪
お茶はお華、着物の着付けetc・・・習いたいものは数あれど、なかなか踏み出せないのも現代の余裕の無さだと思ってしまう。仕事や家事、子育てに忙しく、そして金銭的にも余裕があまり無いのも手伝って、諦めてしまう方も(私も)多いと思います。もっと気軽に習えるところが合ったらよいと思うのだけれど、これもなかなか^^;
機会があったらyannzaiちゃん、お茶教えて!(苦笑)
Commented by yannzai at 2006-02-28 21:17
hiromin0819さま、きっかげないとなかなか踏み込めない領域ですよね。私は、幸いにも友達のおばさまに紹介してもらった先生の社中なので、安心して始められました。
先生いわく「細く長く続ける」ことが大事だそうです。お茶菓子もとても美味しいものばかり・・・、お茶より楽しみだったりします♪
Commented by yannzai at 2006-02-28 21:27
hanacafeさま、へぇ、それははじめましょうよ。そう着物の似合う女性って素敵ですよね。お茶会に行くと、やっぱりある程度の年を重ねないと「着る」ことは難しい気がするのですよね・・・。身のこなしだったり、歩き方だったり、「着られてる」気がするのです。
色々、お道具があるなんて羨ましいです。茶器は、とても高価なものばかりなので、私が家で練習するときは先生が譲ってくれたものばかり。まだまだ初歩なので、満足していますが、そのうち色々欲が出てきそうで恐いですね・・。
Commented by yannzai at 2006-02-28 21:32
akk-ppさま、確かに気軽に触れることのできる環境だと、違うよね。私は、たまたま運よく友達のおばさまに紹介してもらえたのだけど。本当に、いい先生に出会えると、お稽古も楽しいし、いい気分転換にもなるんだよね。でも、先生の若い頃は師匠に手をピシャンとはたかれながら、学んだそう。ちょっとびっくりするけど、昔の人は、厳しくされて学んでいったのね。
先生はとても穏やかで、厳しくない分、しっかりしないと、なんて思いで通っているよ。
それにしても、お茶菓子が毎回楽しみなのよ。また、紹介するねん♪
Commented by yannzai at 2006-02-28 21:47
mickey さま、そうね。松本城の月見の宴とか、風流だよね。お稽古で、茶器から季節を感じたり、お花やお茶菓子が教えてくれることって沢山あるよん。時間ができたら、ぜひぜひ嗜んでみて。お茶は、細く、長くできでばいいそうだから。
<< チンジャオロース 桜色蒸しパン♪ >>