ブログトップ

ゆきさんのとろり日記

yannzai.exblog.jp

利き納豆♪

f0055358_1745995.jpg

納豆には色々と種類があれど、どれが美味しいのか、美味しさの決め手は何なのか、考えた事ありますか?私は決して、納豆愛好家ではありませんが、美味しさは値段で決まるのか、それともタレなのか、豆の種類なのか…
そんな疑問を解決すべくここ最近は納豆三昧。

一ついえる事、値段が高いからといって必ずしも美味しいというわけではないということが分かってきました。この納豆は、県内のメーカーのもので西山大豆と呼ばれるものを使用しています。
この豆の美味しさを引き出す為に発酵はあまり強くなく、さらしとした味わい。専用タレも、リンゴ酢が含まれたもので、ここにも特化を図っている印象。
県内のメーカーでは、川中島納豆が豆の粒の大きさと味は定評があるが、それよりほんの少し豆が小さい印象。でも美味しい。豆そのものの味わいを楽しめる。

f0055358_1751021.jpg
これは、値段が張る、茨城県のとあるメーカー、かなり期待してあけたのだが、薬味にこだわるものであった。特性タレも、丁寧に作られていたのであろう感じはしたが、そんなのにはだまされちゃいけない!主役の納豆は、小粒なもので味わいも印象が薄い。

数日前に、茨城県水戸市の「岡崎味噌」というメーカーの納豆を食べたのですが、結構癖になる味。これまで食べたことないような発酵加減で、豆の粒、形は大きくもなく、小さくもなく、ただ、独特な発酵加減が後をひくのです。
大豆の取材で、とあるメーカーでは納豆の美味しさは「タレ」と言われたのですが、岡崎味噌のものを食べて、発酵具合こそ重要な気がしてならないのですが…。

さてさて、この「利き納豆」どのくらい食べ比べることになるのだろうか…、
奥が深いことは確か。
[PR]
by yannzai | 2008-03-26 17:04 | お料理 | Comments(0)
<< マリアノ・ガルシアファミリー♪ 春気分?コロッケ♪ >>