ブログトップ

ゆきさんのとろり日記

yannzai.exblog.jp

築地へ、初上陸♪

f0055358_16505768.jpg

師走に突入。週末の東京出張でしっかり充電してきました♪
かねてから行ってみたかった、「築地」。1人で向かいましたが、噂には聴いていましたがこんなに活気があるとは…。圧倒されっぱなしでした。興奮して、カメラのシャッターを何度も押していました。


f0055358_16512194.jpg
↑やはり海なし県ですから、目的は、新鮮な鮮魚!お昼に「海鮮丼」としじみ汁を注文。お店の方がとても親切で、なんだか安心してカウンター席で頂くことができました。
目の前で、おひつに入ったご飯を丼に盛り、鮮魚をのせていく。カウンターの前では食器類を洗っている様子も見えるのですが、気にならない。
自分の口に入るまでが、良くわかって、何だか「食べる」って、
こうだよなぁとしみじみ感じました。
これで1000円はとってもお得!
f0055358_16513656.jpg

問屋街もすっかり師走の準備が進んでいました。数の子や新巻き鮭を購入するお客さんの人だかりがすごかったのです。
食を扱うお店の前を通ったら、とてもウキウキして…気分がよくなって、ふらふらと良く分からないものを購入してしまいました。↑「ぽち袋」を購入してしまいました。お年玉の袋にしてはとても素敵過ぎるので、大事にしまっておくことにします。

f0055358_16515078.jpg



築地のいたるところにお店があって、立って食べている人の姿を見た時には衝撃を受けましたが、どこのお店も美味しそう!外人さんも観光でやってきて楽しんでいる人、学生さん、カップル、家族連れ、などなど色んな人が集まる場所でした。今度はもっとゆっくり行こうと誓いました。
[PR]
by yannzai | 2007-12-05 16:50 | プライベート | Comments(5)
Commented by しまふくろう at 2007-12-05 22:28 x
由季さん
こんばんは。

築地に行かれたんですね。

いいところに行ってきましたね。
今年は魚の価格が上がってしまい暮れの台所事情も
楽ではないようです。

築地には普段私たちがあまり目にすることがない魚が
たくさん並べられていますので見るだけでも楽しいですね。

海鮮丼おいしそう!
Commented by yannzai at 2007-12-06 08:48
しまふくろうさま

この空間を歩くだけで、とても心躍りました。
活気があって、食べるということの原点ってこんんだったはず
なんて思ったり。今年は何でも値上がりしていますね、
おせち料理にも影響が出てくるのでしょうか??
Commented by ふみまる at 2007-12-07 13:03 x
 由季さん、こんにちわ。お元気でご活躍、何よりです。さて、水を差すようだが、『食べる事の原点』とは、こう言う事ではない、とFumimaruは思います。今の築地は殆ど『経済性』にしか視点を置いてないからです。経済性を考える事は大切な事ですが、これだけでは駄目、と云う事です。誠実な正直さと拘りをもって商いをしている店は、場内市場でも数件、場外市場に至っては皆無です。ですから、私達は、TDRと同様に『観光名所』と呼ぶようになりました。『美味い、早い、安い』。食の原点(食に限らず、全ての生業)はこれだと考えます。私の仕事も、貴方の仕事も、これに尽きるのではないか、と云う事です。誤ったアメリカ資本主義に翻弄されて、『経済至上』が美徳、とも考えられていますが、これは確たる誤りだ、とFumimaruは考えます。呉々も、申しておきますが、これは貴方への誹謗中傷ではありませんので、誤解なきよう、、。
Commented by yannzai at 2007-12-07 23:25
ふみまるさま

ありがとうございます。
確かに、観光名所のひとつですね。私は初めて訪れて、なんだかそれだけで浮かれ気分でそれを表現したいただけですが、やっぱりきちんと本質を見抜けるようにならないといけませんね。ご意見ありがとうございます。
しっかりとした目で見て、判断できる力を持たないといけませんね。
今度はもっと、しっかり周辺も感じようと思います。いいお勉強になります。ありがとうございます。
Commented by mikefumimaru at 2007-12-10 02:06
 それでこそ、我らが由季さんです。いつまでも頑張って下さい。Fumimaruも同様ですが、マスコミで働く人間は、ある種、特別のモラルを堅持する事が極めて大切ですね。『報道の自由』に翻弄されて、昨今のマスコミのモラルは下降の一途を辿ってます。個人の感情は禁物です。『事実を出来る限り正しく伝える事』の難しさと大切さを知る事こそがジャーナリズムの本質だと、Fumimaruはいつも考えてます、、。
<< どこでしょう♪ SUQQU♪ >>