ブログトップ

ゆきさんのとろり日記

yannzai.exblog.jp

やしょうま

長野はとっても寒い、節分でした。手がかじかんで、青白い色をしていました。
「鬼は外、福は内」の豆まきに加えて欠かせないのが、このお料理。
f0055358_2138975.jpg
「やしょうま」という、郷土食。

私は長野の北信の生まれで、この地域ではよく食べられているもの。米の粉を潰して、練った、お餅のような食べ物。砂糖とお醤油をつけて、食べる素朴な料理。
仏様のお弟子さんに「やしょ」という人がいたとか、食べた後「やしょ、うまかったぞ。」と声を掛けたことから、この名前がついたとか、言われは色々あるようです。

子供のころは、母がお節句やお寺での行事があるとよくもらってきたものです。
とは言っても私が馴染みのものは、こんなに綺麗な花柄はありませんで、
ピンクとか白一色という、いたってシンプルなもの。
地域ごとに作り方が違っていて、これは、「小川村」で作られてきた「やしょうま」
ペンダントの様にきれいでしょう?

こんな美しいやしょうまも、絵柄を出すには何年も経験が必要だとか。
守り、伝えていく人達の手をみてみたい、そんなことを思いながら頂きました。
f0055358_2159314.jpg
取材で、一足早く「春」を感じました。桃の節句にいかが??
「ケーキ寿司」お寿司のケーキ。お料理の先生が作ってくれました。
黄色にサーモンで作ったバラが何とも言えない、賑やかなお料理。
彩が多いと作るのも楽しくなっちゃいます。
[PR]
by yannzai | 2006-02-03 21:31 | プライベート | Comments(3)
Commented by tiho at 2006-02-03 22:45 x
早速ブログお邪魔しました♪
これってお寿司なのー??
食べちゃうのが勿体無いよぉ(*。*)
綺麗だね☆今日の節分はふとまき食べて豆まきもしたぞ(^^)v
Commented by mickey at 2006-02-04 02:17 x
ゆきちゃん、早速おじゃましまぁす!
長野の郷土食「やしょうま」を初めて見たときは感動しました。
すごい技ですよね。こういういわれがあったんだ~。
大分にも「やせうま」というおやつがあるんだけど、
これもやせという人がいてお殿様が「やせ、うまかったぞ」と言ったことからつけられたと言われています。似てる・・・と思ったよ!
私も、こういう郷土食は大切にしていきたいと願うひとりです♪
Commented by yannzai at 2006-02-04 15:34
mickeyさん、そちらの陽気は如何ですか?長野は、とても冷え込んでいます。今日は立春なのに、多分、真冬日の冷え込み。そんな中、取材で早朝4時から、白馬へ行ってきました。真っ暗な中、スキー客にインタビューをとってきました。7時前にはスキー場へいくみちは渋滞していて、みんな早起きして来るんだなぁと、関心しちゃいます。
長野の冬はまだまだ、遠そうです・・・・・。早く来い、春よ来い。

<< お気に♪ 見通しがいい >>