ブログトップ

ゆきさんのとろり日記

yannzai.exblog.jp

昼下がり

長野の北信地域は、太陽がまぶしい一日です。
フロントガラスに差し込む日差しに目を細めるのは、久しぶり。お天と様に感謝します。

今日は、お着物を着て「お茶会」に出席。
「初釜の会」といって、同じ流派の人が一同に集まり
今年一年の健康、お稽古の上達を願って開かれる、顔合わせ。
日ごろ、お稽古しているお仲間以外との交流がなにより勉強になります。

着物は、立ち居振る舞いも、自然とおしとやかになります。
気づけば、足元は常に内股。
f0055358_20391144.jpg
お茶を習い始めて、半年の私は、まだまだ初心者。
何十年と長く続けている方々が羨ましい。立ち居振る舞いが美しく、ゆとりがあって、年を重ねただけの余裕、やさしさが感じられる。
たまに着物を着たようなぎこちなさは全くない、品位がある。

「いつか、こんな大人になりたい。」

年を重ねるからこそ、身につくものばかりで、嫉妬しちゃいます。
美しい大人に囲まれて、幸せを感じる昼下がり。
[PR]
by yannzai | 2006-01-29 15:45 | お仕事 | Comments(0)
<< 見通しがいい はじめまして >>