ブログトップ

ゆきさんのとろり日記

yannzai.exblog.jp

南禅寺と琵琶湖疏水♪

f0055358_12331612.jpg
京都駅から、東の方角にある「南禅寺」。ここには、琵琶湖から水を引いた疎水「琵琶湖疏水」があります。「水路閣」と呼ばれています。

現在もこの水路には琵琶湖からの水が流れ込んでいて、京都府内の家庭水道水として使われています。


f0055358_12332612.jpg
明治時代1885年から1912年まで、琵琶湖から京都へ水を運ぶ大規模な計画が進められました。第一次疎水工事、第二次を経て凡そ28年の月日で完成されました。営業発電としては、日本で初めての水力発電でもあります。現在でも家庭用の水を運ぶ重要な水門です。

水門がなかったら、京都の発展の仕方も変わっていたんだろうな、と思うと先人の偉業に感謝の思いですね。

今の時代にも残る、レンガの丈夫な作りに、モダンなデザインに驚きました。周辺の緑とこの水路の景観が多くの人の目をひきつけていました。

f0055358_12341499.jpg
「南禅寺」はとても広い敷地に建てられています。国内の禅寺では、最も高い格式を誇った寺なのだそう。

大きな「三門」は、二階建てで、中に入ることができます。周辺の景色は、青々とした緑が眩しく、大勢の人がくつろいでいました。
驚いたのは、門の広さや作りだけではなく、この門にまで、お釈迦様がいて、嘗ての先人の偉業を称え、位牌が安置されているのです。大阪の陣のときの戦死者の位牌が安置されています。



f0055358_12342619.jpg
お寺は観光客も多かったのですが、静寂に包まれていました。枯山水の庭園も堪能でき満たされました。「侘び寂び」の文化って大切にしていきたいですね。
京都は、何度行っても楽しめるところですね。まだまだ見たいところが山ほどあります。
今度はいつ行けるのか分かりませんが、実は、一番の目的はあるお店に行くことでした。
[PR]
by yannzai | 2007-05-12 12:32 | プライベート | Comments(4)
Commented by 青空 雲 at 2007-05-12 22:27 x
枯山水の庭園のコメントでは失礼しました。いやな気分にさせてしまったコメントでしたね・・反省です。

さて、日本人に生まれてよかったと思うこと、「侘び寂び」の文化を感じることができること。京都では特に感じることができるのですね。
僕は中学の修学旅行以来京都はご無沙汰なので、ブログを拝見させてもらってると、すごーく行きたくなりました。
Commented by takanokumiko at 2007-05-12 22:53
琵琶湖疎水、二時間サスペンスで犯人と片平なぎささん、もしくはかたせ梨乃さんなんかがよくここで歩いていますよね。あるお店とはどこか楽しみです♪
Commented by yannzai at 2007-05-12 23:04
青空 雲さま
そんなお気になさらないで下さい。
私の文書力が足りなかったことが、
かえって気を使わせてしまいましたね、失礼しました。

京都って、長い歴史が詰まっている分とても興味深く感じました。
修学旅行のときにいった「慈照寺銀閣寺」も改めて訪れてみると違った思いになりました。どんな旅にもいえると思うのですが、行く年齢、一緒に行く人、自分の心とその時々で全く違う感情を抱くのだと思います。
Commented by yannzai at 2007-05-12 23:06
久美子さま

GW企画ご苦労様でした。しばらくコメントしておりませんでしたが
お元気そうですね。
そうですか、琵琶湖疏水はそんな撮影スポットにもなっているのですね。
お店は、有名なお店とかではないのですが、大切な、旦那様の思い出が沢山つまった場所なのです。またUPしますね♪
<< レストラン「サンクゼール」♪ 和菓子三昧♪ >>