「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

ゆきさんのとろり日記

yannzai.exblog.jp

中華風茶碗蒸し☆

f0055358_8415067.jpg

お料理学校で作ると、茶碗蒸しもこんな風に☆中華風で菊を散らしています。
菊を綺麗に仕上げるコツ、さっと酢のお湯に浸しぱっと、冷水につける!以上。これは身体で覚えるしかないんです~。
モッテノホカという、種類の鮮やかな紫の菊をお浸しにしたとき、味わい以上に扱いの細やかさに感激しました。旬のもの上手にとりいれていきましょ~☆
金曜日、今日も楽しい週末になるよう、頑張ってこう☆
[PR]
by yannzai | 2014-10-17 08:41 | お料理 | Comments(2)
Commented by 足長のトミー at 2014-10-17 10:50 x
単身赴任していた「山形」はおいしいものがいっぱいありますが、食用菊の産地でもあります。
“モッテノホカ”をたくさん購入して、自宅マンションで花びらを心をこめて、好き・嫌い(笑)なんてつぶやきながら下準備をし、茹でて冷やして絞って、ポンズを少し廻しかけ酒の肴にしていました。今でも菊は大好きです。
ちょっと長くなりますが、先日の「おでん」の件。
私は煮崩れしないメークイン、インカのめざめなどで(でも味は男爵系ですけどね)できる限り丸い形になるように多めに面取りしています。また早く仕上げたいときは、レンジで加熱し皮をむき、ゴロッと大きいまま鍋日入れ、他の具材もそうしているのですが、汁はぐらぐらと煮立てず、味がしみておいしくなるようにゆっくりと煮ています。だいたい前日の夜に作って、翌日の夜に食べるようにしています。全体的にはおいしいのですが、どうしても多少煮崩れがしてしまいます。
次回は、山形の「幻の里芋・・・悪戸芋」なら煮崩れしないので、それを使おうかと思っています。
料理は楽しいけれど、むずかしい!
Commented by yannzai at 2014-10-23 19:18
足長のトミーさん

モッテノホカ、をご自分で調理されるなんて、さすがです~!!子供のころ、菊の和え物なんて、苦いしありがたみが全然わかりませんでしたし、どちらかというと嫌いでした、笑。今はちゃんと旬を感じる味と楽しめるようになりましたよ。
「山形」ってそうですよね、美味しいもの沢山ありますね。「悪戸芋」食べたことないです、でもきっとおいしいおでんに変身するのでしょうね。
はい、お料理は奥が深くて、楽しいです☆
<< ローストビーフ♪ 茶碗蒸し♪ >>