ブログトップ

ゆきさんのとろり日記

yannzai.exblog.jp

カタクチイワシが煮干しになるまで「伊吹島」にて☆

f0055358_17213412.jpg 台風の被害には驚かされるばかりです‥。
早く落ち着くといいのですが。


やっとですが、少し前に行った、伊吹島での工場見学の様子を少しずつまとめます。いりこは、サイズによって「かえり」と「シラス」に区別されます。今は大きい10cmサイズの「大羽」が獲れるため見学に。ただ瀬戸内海の海での漁は見れませんでしたが‥カタクチイワシが、沖にあがって短時間で煮干しになるまでの工程を見て色々学べました。

f0055358_17235747.jpg 

 
 伊吹島を含む、内海と言われる地方でとれるものは、「白口」といわれてまろやかな味のだしがでて、持った時に軽いのが特徴。「鰯」と字の如く鮮度に「弱い」のでさっと、素早く煮る工程を踏まないとお言いし煮干しにはならないんですね。でも、やっぱり最後はこうして人の手によって大きさ、形などを選別、職人の目によって出荷されるんですね~。



f0055358_17224736.jpg
 さらに、こちらは広島のしらす加工業者「カタオカ」さんで見学。案内役の片岡さん、とってもユニークな方で楽しかったです。こちらでもやっぱりしらすの選別作業は、最後は人の目によるものでした。普段の食事がこういったところから支えられていると思うとすごく感慨深くもっと消費量増やしていけたらなと思ったのであります。
[PR]
by yannzai | 2014-07-10 17:41 | プライベート | Comments(4)
Commented by skuna@docomo.ne.jp at 2014-07-10 20:54 x
実はブログが出来てからお気に入りに入れててチェックしてたんです。

こんな風に書き込むのは初めてだし、もしかしたら承認されないんじゃないかなぁって思ったんですけど…

実は家族のこと、とくに子供のこととか、別れた旦那のことで凄くつらい思いをしてた時に、色々ブログをさまよってたら、こちらのブログにたどり着いたんです。

いつの間にかこの素敵なブログの世界観に吸い込まれて、なんだか私自身が救われた気持ちになれたのは言うまでもありません。

こんな風に自分が正直になれたり、凄く感謝してる思いです。

勝手にこんなこと言われても困っちゃいますよね?ごめんなさい。。。

もっともっと知りたくなったっていうのもあって、私の直接の連絡を入れておきました。

こんなに素敵なブログの管理してるんだから、ご自身にも魅力があるんじゃないかって・・・勝手に思っちゃって、私の連絡のせておいたのはそれが理由なんです。(もし迷惑だったら削除して頂いても構いませんからね。)

ちょっと不安定な天気が続いちゃいますけど、風邪とか気を付けてくださいね。お身体ご自愛ください。
Commented by 足長のトミー at 2014-07-11 10:05 x
「鰯」も国字(会意)ですね。
5月~10月が旬の時期で、鮮度がいいものは刺身でもとてもおいしいですね。
私は「鰯の梅煮」が好きです。
今の時期、魚油が乗っていて一番おいしいね。そして釣りの外道として大きなマイワシが釣れると、本命よりうれしいものです。・・・これは「ツミレ」にします。
記事の内容、今回は特に勉強になりました・・・ありがとうございます。
Commented by yannzai at 2014-07-14 11:42
skuna さん

初めまして、そして、コメントありがとうございます。
そう言って頂けるとなんだか、嬉しいですが徒然なるままに楽しんでいるので、また、お腹がすいたら、(笑)いらして下さいね。
Commented by yannzai at 2014-07-14 11:45
足長のトミー さま

鰯の梅煮、初夏っという感じですね~!ツミレも美味しそうです。
そうっ、
毎年、自家製の梅酒を造っているのですが、どうしたことか今年は季節をすっかり逃してしまい、週末、梅を購入しにスーパーを巡ったのですが「もう置いてません…」と。それは、そうですよね…。毎年、6月の初旬には漬けていたんですから、今年はなんだかぼっとしていたようです。はぁ、と大きなため息がでてしまいます。
<< ☆「うずみ」を食す☆郷土食 ☆いりこの産地、伊吹島へ☆ >>