「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

ゆきさんのとろり日記

yannzai.exblog.jp

お出汁♪

f0055358_2214081.jpg
お料理学校での教材です。

いい煮干しの見分け方から始まり、大ぶりのものは「アゴ」です。
お料理学校の学園長は「アゴ」の美味しさを強調します。
そして、私の夫も「あご汁」の美味しさをよく知っています。

「エビ」は殻つきのものを、
「貝柱」は貴重でほんの少しでも一晩でとってもいい出汁がでます。
和食で使う「出汁」はどれも繊細ですね。
[PR]
by yannzai | 2012-04-18 22:01 | お料理 | Comments(2)
Commented by 竹内 隆 at 2012-04-19 07:42 x
ご飯はまあ、水の分量さえ間違えなければ、上手く炊けますし、みそ汁、自分なりに出来ると言ったら、食材は「あさり」と、エノキだけを適当に切ってお湯を張った鍋に入れて、適当に味付けをして少し煮立たせる程度かな。本格的に出汁を使った事はないけど、煮干しはよく聞くけどアゴに、海老、貝柱、失礼ながら初めて知りました。
Commented by yannzai at 2012-04-23 16:42
竹内さま

色んな出汁があって、
日本の食材の奥深さに感激します。
また、
色んな情報アップしますね。

アゴは、
海が近い地域だとよく知られた食材だそうです。
四国などではよく使うとか。
夫が京都なのですが、家庭の味でよく出たそうです。
お義母さんに今度習いたいなぁと思っているのです。
<< お会席♪ おまけ♪♪ >>