「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

ゆきさんのとろり日記

yannzai.exblog.jp

梅おうどん♪

f0055358_22181699.jpg

アツアツのおうどん。
梅味が大好きです。

「梅こぶ茶」をベースに、昆布と一緒に煮込む。時間が許せば、削り節で丁寧に出汁をとると一層美味しい。
食べる直前には、大きな南高梅を乗せるのです。あっさりとしていて、でも、梅の酸味が食欲をそそるのです。

シンプルですが、日本人でよかった♪。
[PR]
by yannzai | 2012-02-01 12:21 | お料理 | Comments(6)
Commented by 竹内 隆 at 2012-02-01 18:54 x
梅味のおうどん、おいしそうですね。自分も麺類は好きで、時々、つけ麺をよく外出すると食べますね。

先日の栄村の老朽化した橋が崩壊したニュース、本当にビックリしました。雪かき中の事故の犠牲者が出ると言う痛ましいニュースも聞きますが、実は、我が家は冠着橋からかなり近い距離にありますが、大雪の影響は過去現在ともありませんが、今でこそ、川向こうの更級地区までコンクリートになっていますが、まだ、自分の住んでいる地域側が木造だった頃、台風でよく、木造部分が流され、道路が分断、小学校の年度別の出来事の中に「台風の影響で5年生のキャンプは大正橋を通って冠着山へ」との記述がありました。

まだまだ、寒さが続きます、火傷もそうですが、風邪など、召されませんよう、温かくしてお過ごし下さい。
Commented by chika53ka at 2012-02-01 23:05
梅うどん、酸味がいいアシストをしてくれますよね。私も大好きです。
梅こぶ茶を使う方法もあるのですね。お勉強になります。
今週は本当に寒い東京ですが、風邪などひかないようにご自愛くださいませ。
Commented by けん at 2012-02-02 00:47 x
寒い夜、アツアツのおうどんイイですねぇ~
身体の芯まで温まりそうです。
ところでうどんのおつゆ、関東と関西では全く違うんですよね~
初めて関西のうどんを食したのは、姫路駅のホームでした。
関東の色濃いつゆとは違い、透明に近いのにシッカリ筋の通っている味には驚きました。
庶民の食にこそ、文化の違いが色濃く表れるのだと実感しました。
それはさておき、南高梅を加えるのはグッド♪ですね。
出汁の旨みと、南高梅独特の甘みと酸味が、味の幅を広げてくれて食欲をそそりそうです。
今度試してみますね♪

先月20日頃から続いている寒波…
幸い街中は雪が少なく安全ですが、山間部は災害など心配です。
この寒さも週末で一段落でしょうか?
風邪などひかぬようお身体ご自愛下さいませ。
Commented by yannzai at 2012-02-02 14:13
竹内さま

本当に、
今年は特別な冬ですね。
何年後かに、あの時は…と、思い出されることでしょう。
そう言えば、私の成人式の日、
豪雪に見舞われたのをよく覚えています。
慣れない振り袖と草履に、雪で滑らないよう、
一歩一歩踏みしめながら歩いた記憶があります。
色々と、改めて自然に生かされているのだなと感じますね。
寒さに負けず、過ごしていきましょう。
Commented by yannzai at 2012-02-02 14:15
ちかさま

梅パワーって、すごいですよね。
夏だけじゃなく、やっぱり冬も美味しいですし、
一日一個の梅は難逃れの通り、今のところ元気に過ごしております。
Commented by yannzai at 2012-02-02 14:18
けんさま

確かに、
おうどんは、関西と関東のつゆ全く違いますよね。
関西出張の際タクシーの運転手さんが
「関東うどんは、汁が黒くて食べられたもんじゃない。」
と、強く主張していたのが印象的でした。
私は、おうどんの汁、あっさり目が好きなので、
関西よりの味になっているかもしれません。
お醤油はお醤油でいいですけどね、
鍋焼きうどんとか。やっぱりアツアツが恋しくなりますね。
<< 牡蠣グラタン♪ オーブントースターでアップルパイ♪♪ >>