「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

ゆきさんのとろり日記

yannzai.exblog.jp

ミニ会席料理♪

f0055358_164189.jpg
夏の会席料理の実習内容です。

ご飯は「鮎と生姜の炊き込みご飯」鮎は塩焼きにし、そのまま丸ごと炊飯器に入れて炊き込みます。なんと、炊き上がったお釜の底から鮎の香りがたち、「香魚」と言われるのを実感。12センチぐらいのものを使用しました。盛り付けは「杉盛り」と言って、中央をこんもりと杉に見立てて仕上げること。

器も涼しげなものをチョイス。


f0055358_1643762.jpg

「そら豆のひりょうず」


がんもどきは、旬の「そら豆」を使用しましたが、ひじきや、枝豆、にんじんの千切りなどを使用してももちろん美しくなります。

和食の盛り付けの際は、器の4隅が需要なのだそうで、空間を空けること、これは想像力を働かせて器ごと楽しめるから、さらに、生姜を少し斜めに置いています。すきがあることで美しく見えるのだとか。





f0055358_1645862.jpg


「さんざし酒」


あまずっぱ~い♪
というのが一口目の印象。食前酒は先生お手製のお酒です。梅酒のようで、ちょっと変わった酸味が加わっていて、夏の暑さを吹き飛ばすような味わい。すぐに用意できるお手製のお酒があるとお料理が華やかになります。



器に、お酒に、和食の楽しみは奥が深いです。家でもたまには、そんなゆとりのある食卓を演出したいですね。
[PR]
by yannzai | 2011-06-28 15:45 | お料理 | Comments(0)
<< オアシス♪ 贅沢ディナー♪ >>