ブログトップ

ゆきさんのとろり日記

yannzai.exblog.jp

淡い色時間♪

f0055358_22142444.jpg

花の季節、食卓には「菜の花」が多く登場します。菜の花のおひたしに、エリンギの中華炒めにも入れてみました。菜の花って、ほろ苦さが、ちょっぴり食べにくいと思うので、ちょっと味付けを濃い目にして食べています。
黄色がお料理に加わると「春本番!」を感じますね。


f0055358_22122977.jpg

今年の桜はゆっくり楽しめましたか?
いつもこの季節は駆け足で過ぎていって、自分だけが時間から置いていかれている気分になります。
今年もしかり。

花が一番美しい瞬間は、いつなのでしょう。満開かな、でも、眩しすぎて切なさを感じたり。散歩途中、すごく明るい木が目に入ってきて、よく見たら「八重桜」の木でした。すごく力強く枝葉を伸ばしている姿が気持ちよくて清々しい気分になった木でした。

f0055358_22131127.jpg

桜は、年を重ねるごとに心への響き方が変わっています。今年は、何だか大きく響きました。
これから巡る季節を進む喜び、切なさ、期待、希望…

f0055358_22132670.jpg

この感覚は何だろうと思っていたら、偶然手にした「伊集院静」さんのエッセイに「若い頃は目の前のことが、全て新鮮で鮮やかに時間が過ぎていく、年齢を重ねるとともにその時間はゆるやかで、たおやかな時間に変化する」と、目にし、妙に納得。

自分の体に今、流れている時間は、「ゆるやかで色に例えるなら、淡い色なのかなぁ…」なんて思ってみたり。年齢とともに、時間の色が違うと考えたことがなかったけど、いま「淡い色」時間かなと思ってみたり。
[PR]
by yannzai | 2009-04-13 22:11 | プライベート | Comments(4)
Commented by 青空 雲 at 2009-04-15 19:11 x
松本も桜が散り始めましたよ・・・
自分は30歳を過ぎてから、春・桜・出会い・別れの季節はなぜか心が寂しくなります。特に桜の咲き始めには淡い、初恋のような切なさが込み上げてきます。なぜでしょうね(笑)
由季ちゃんの言う、「ゆるやかで淡い色」に似た感覚を自分も感じているのかも。
Commented by chika53ka at 2009-04-15 22:08
こんばんは。エリンギの中華風炒め、今度自分もチャレンジしてみます。菜の花はくせがあるけど、反対の意味をとれば、個性のある味ですよね。私も大好きです。おかずに取り入れている由季さん素敵です。季節感満載ですよ(*^_^*)
Commented by yannzai at 2009-04-15 23:21
青空 雲さま

人はいつから敏感に、繊細になるのでしょうね?
この先、年老いていけばいくほど繊細になるとは限らないし、かといって、子どもの感性が豊かだといえばその通りですが、必ずしも「繊細」であるということとは違う気がします。
人それぞれのペースの「淡い色」時間大切に生きていきましょう。
Commented by yannzai at 2009-04-15 23:23
ちかさま

菜の花が嫌いになるくらい登場しています(笑)
そのうち、アスパラガスが笑うくらい登場するでしょう、
自然豊かな証拠でしょうか。
旬のときに、旬を食べられるって本当にありがたいことです。
<< 御開帳♪ 花見おでん♪ >>