ブログトップ

ゆきさんのとろり日記

yannzai.exblog.jp

いただきます♪

f0055358_0181938.jpg
美味しいものは作っているときの臭いが違います。「冷蔵庫の掃除」として作るスープと「スープのための野菜」で作るスープは、全く違う味なのだとしみじみ感じた一皿。

問題、
このお皿にはいくつの具が隠れているでしょう?

こたえは、「7つ」
春キャベツ、玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、ベーコン、きのこをコンソメ風味でお鍋でぐつぐつ煮て、ミキサーで攪拌、牛乳と塩、コショウで味を整えてパセリを加えてできあがり♪
栄養満点、そして、離乳食にもとってもいいと思うのです。いつか生まれる二世のためにしっかり体に染み込ませておこうっ♪

f0055358_025023.jpg
とまと
TOMATO
トマト


表参道のとまとづくしのお店へ行ってきました。これはとまと好きにはたまらないお料理ばかり。ジュースだけでも何種類もあって大満足。前菜、メイン、デザートまでとまとばっかりなのです。これは「とまと」だから為しえた専門店なのでしょう。ピーマン、にんじん、ネギじゃなんだか幅が広がらないし、イメージ的なものも「とまと」ほどの爽やかさはない、となるとこの発想すばらしいと思います。
[PR]
by yannzai | 2009-03-27 00:17 | プライベート | Comments(4)
Commented by しまふくろう at 2009-03-27 20:48 x
ゆきさん
こんばんは。
野菜スープ、ヘルシーで栄養たっぷりって感じですね。
青汁とは一味違って飲みやすいですね。
トマトは夏の冷パスタ作る時によく使いますね。
それと話が違うのですが(記事と関係なくてすみません)
今日で御社から一人の女性が退社されますね。
この女性とは花を通じて知り合ったのですが、
長野生まれでも長野育ちでもない彼女が良く信州で
がんばったものだと思っています。
桜の季節に信州に来て桜が咲く前に信州を離別しなければ
ならないことをとても寂しく思っていました。
これからの人生に「がんばれ!」のエールを送りたいです。
ゆきさんのブログなのに余計なコメントを書いてすみません。
Commented by 竹内 隆 at 2009-03-29 05:12 x
春は出会いと別れの季節、SBCラジオのHPを見ていると既に諏訪の宮澤さんは一足先に卒業されていましたが、飯田のラジオカーリポーターの小出さんも先日の放送を最後に卒業されましたね。私の職場でも、詳細は最後まで聞かなかったのですが先月末、私の高校の10年後輩で同僚の一人が「専門学校へ進学する」との事で旅立って行きました。私も涙を堪えながらも「2年間、色々あったと思うけど、自分で選んだ道だ、自分が本当に納得するまで頑張って来い」とエールを送りました。自分たちの時は、涙など流す事はなかったのですが、最近先生方の人事異動の記事に添えられている写真を見ると自分の事ではないのに、涙腺が緩くなってくるのは年齢のせいかな・・・。

先日、卒業した小学校から定期的に配布されるPTA便りに学校に二つある体育館の内、まだ小学校が木造校舎だった頃の建築で旧校舎時代の建物で唯一残っている西側の体育館が取り壊された写真が。新しい体育館が東側に完成して以降主な学校行事は行われなかったものの私は入学式と音楽会を行った場所なので時代の流れとは言え少し、寂しさを感じますね。

間もなく新年度、これからもお身体を大切に、一層頑張って下さい。
Commented by yannzai at 2009-04-02 23:26
しまふくろう さま

春は色々な人との別れとともに進まなくてはいけない季節。
なんだか物悲しく、寂しいのですが、しっかり前を向いていくことが
別れた人たちへの恩返しなのかな、とも思います。
本当に私たちも寂しさ一杯です。
でも、いつ彼女が長野へ遊びに来てもテレビやラジオをつけたら、元気な姿を発信できればと思っています。長野の思い出を胸に彼女もしっかり前へ進んでいることと思います。
応援しましょうね。
Commented by yannzai at 2009-04-02 23:31
竹内様

そうなのです。
本当に寂しくもあるのですが、また新メンバーを迎えての番組お送りできると思いますので、楽しみにしていてくださいね。
年を重ねると、なんだかすごく心が繊細になりますね。
子どもの頃なら確実に、単純に思う感情が、
今、過去のものを失ったり、変わるとなると、すごく切なくなったり…不思議ですがそういう感覚って素直に大事にしていける人間でありたいと思います。
新年度のスタート、焦らずに前を向いていきましょうね♪
急に寒くなりましたので、体調管理には気をつけましょう。
<< 朝のリレー♪ スズキの照り焼き♪ >>